ドイツ急行旅客用蒸気機関車 2

01 形

第1次世界大戦後、新しい共和制の国造りの一つとして鉄道の統一が行われDeutshe Reichsbahn-Gesellshaft(ドイツ鉄道公社 DRG)が1924年に発足しました。そのDRGの第一陣となったのが急行用パシフィック(軸配置2+C+1)の01形(2気筒)と02形(4気筒複式)で1925年に登場しています。01形と02形はボイラーや軸配置は同じで2気筒と4気筒複式の比較検討が行われ平地の走行では構造が単純な01形で十分な性能が得られることが実証され量産は01形に決定し、10両作られた02形は全て01形に改造されました。
01形は1925年から1938年にかけて合計231両が製造されました。01 001から01 010までは小型の屏風形除煙板、 01 012以降は長さ4m近い大型屏風形除煙が取り付けられました。また01 101までは先輪直径が850mm、火室が銅製、最大運転速度120km/h(その後130km/hに引き上げ)、01 102以降は先輪直径が1000mm、火室が鋼製で最大運転速度130km/hとなっています。
模型は各社から色々なタイプが発売されており好みのものを選べます。

BR01 175(Metropolitan)

日本で製作されたドイツ制式蒸機(アインハイツ)の真鍮製モデルの先駆けで1981年に入線しました。量産型ヨーロッパ型鉄道模型とは明らかにコンセプトが異なる作品なので比べるのが、かわいそうなモデルです。第一印象は、煙突が一般の原型機より細い 01 175が特別細いのか1936年にヘンシェルで新製されたときの写真があったので直径と高さの比を計ってみたら、やはりこのモデルの煙突は異常に細いことが分かりました。
01 175だとすると製造当時のテンダーは炭庫にカバーがついていたのですが、、特定機をプロトタイプとしているのではなく、カバーなしの戦前型リベット組立テンダーをつないでいます。ディテールは良く造り込まれていますが、全体の印象は線が細くて華奢な感じで、パイプ類はスケールを意識して細くすれば良いという物ではない見本です。
モータは種田製の缶モータを積んでいますが、750R以上でないと走行できない直線専用機で走行評価の対象外です。エンジンとテンダーの連結も2つ穴のドローバーで間隔の狭い方にすると直線でもショートし、間隔を広くすとスパーディテールとのバランスが崩れます。集電はエンジンの動輪の右側とテンダーの左側のみ、ブレーキシューは金属なのでタイヤに触れるとショートするなど、当時の日本製蒸気機関車モデルに共通する欠点を備えています。その上価格は欧州製量産品の4倍以上。
その後、日本製アインハイツは欧州での市場評価を通じて欠点を改良し細密描写にふさわしい走行性能を得ているようです。しかし、価格はますます高くなり私の手の届かない物となってしまいました。日本型16番の真鍮模型と比較すれば、お買い得と言えるのですが・・・

なお21世紀になり01 175は全検を受け「すずしろ鉄道」で活躍できる走行性能を獲得しました。

BR01 141 (Rivarossi 1349)

metropolitian の日本製01形(BR01 175)は420Rを走行できませんでした。
やはり01形は「すずしろ鉄道」に必要と、1週間後に入線したのがRivarossiの01形です。
テンダーは戦後の溶接製をプロトタイプとしています。
やや、いかつい造りですがドイツ制式機関車の雰囲気をとらえ「すずしろ鉄道」の主力機関車として活躍しています。


第3動輪にウォームホイルを設け中央動輪が横動して急カーブ通過を克服しています。

2007年5月29日 DCC化(DZ123)、スピーカー撤去
2010年3月 MRC1665でDCCサウンド化 スピーカを入れるためウエイトの鉄板を一部カット

BR01 220 (FLEISHMANN 4170)


横置きモータで3軸駆動 サウンド用のスピーカーは後付 

メルクリンが原型ボイラーを早くから製品化していたのと競合しない戦略でしょうか、FLEISHMANNは戦後DBが高性能ボイラーに改装したタイプを模型化しました。動力はテンダードライブでウォームギヤを使わずに横置きモーターからスパーギヤで減速してテンダーの4軸のうち3軸を駆動しています。発煙装置は各社共通仕様でメルクリン製が取り付け可能です。テンダーに小型のスピーカーを乗せPFMサウンドシステム対応に改造しました。
2005年12月4日 DCC化(DZ123)に伴いサウンドスピーカを撤去。

実物データ

  シリンダー 動輪直径 軸重 缶圧力 火格子 出力 最大運転速度
01形1925年制式 600mm2気筒  2000mm 20.1t 16kg/cm2 4.32m2 2240PS 130km/h
01形1950年DB改造 600mm2気筒  2000mm 19.9t 16kg/cm2 4.31m2 2450PS 130km/h

更新 10/03/14


BACK NEXT

INDEX HOME

inserted by FC2 system